不動産の知識

住み良い街の条件とは?

投稿日:

住む街を選ぶとき、あなたは何を基準に決めますか?
たいていの人は勤務先、土地勘、実家の位置などで決めるようです。
あとはその街のどこに住むかが問題になってきます。


街は目で見える生活環境で住みやすさが判ります。
「駅に近い」「買い物が便利」「学校が近い」などです。
また、自然環境でも変わってきます。
「風雪」「気温」「土地の高低」「地盤」「水はけ」など、いろいろなものが影響してきます。


さらに、街にはそれぞれ、雰囲気と言うものがあります。
これは目に見えるものではなく、なんとなく感じるものです。
初めて来る知らない土地でも、落ち着く土地はあります。
逆に、理由はわからないけれど落ち着かない土地もあります。


旅行ならまだしも、土地を買ってずっと住むわけですから、これはしっかり見分けなければいけません。
そこで、私が長年の経験と知識を基に、完成させた究極の見分け方を特別に公開しましょう。


それはずばり「道で猫がのんびりしている街は良い街」です!


いえいえ、冗談ではありませんよ。本当です。
猫は犬などと違い、非常に自己中心的な動物です。
一番心地よい居場所を知っていますし、嫌な人の近くや嫌な場所には絶対に行きません。


その猫がくつろいでいる街は良い街と言えます。
自分に害を及ぼす人や物が近くに無いと言うわけです。


科学的な根拠はありませんが、自分では結構信じています。
物件を見に行って、のんびりした猫に出会ったら、それは当たりの物件かもしれません。

-不動産の知識
-,

Fudousan Plugin Ver.1.9.8

Copyright© 【籠原の不動産屋さん 】紀ノ国商事株式会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.