不動産の知識

アパートとマンション違いって?

投稿日:

アパートとマンション違いは何?


「マンション」や「アパート」さらには「コーポ」「ハイツ」、貸し部屋にはいろいろな呼び名があります。
なんとなくイメージは分かりますが、厳密な違いとなるとよくわかりませんよね。
これらの違いは何でしょう?


漠然と「アパート」は安いイメージ、「マンション」は高いイメージがあります。
はっきり言って、明確に区別できる基準はありません。
しかし、大まかな目安はあります。


マンションとは


まず、マンションとはどんなものかというと、
・3階建て以上
・構造はRC造(鉄筋コンクリート造)やSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)、重量鉄骨造
・管理人がいる場合がある
・遮音性が高め
・賃料は高め
・広めの部屋が多い
・設備は充実している場合が多い
というところです。


アパートとは


それでは、アパートはというと、
・1~3階建て
・木造や軽量鉄骨造
・管理人はいない場合がほとんど
・遮音性が低め
・賃料は低め
・広い部屋は少ない
・設備は充実している場合が少ない
というところです。


一般的に2階建てならアパート、3階建て以上ならマンションと呼びます。
明確な差としては建物の構造があげられます。
とはいえ、呼び名はオーナーさんが決めるものなので、一般的にはアパートの物件を「〇〇マンション」と言うのは別に違法ではありません。


では、マンションなら良い物件で、アパートはよくない物件かというと、必ずしもそんなこともありません。
壁が薄く、遮音性が低めのマンションがあれば、しっかりした壁材で遮音性が高いアパートもあります。
良い構造材を使えば建築費は高くなり、賃料も高くなります。
逆に安い構造材で建築すれば、賃料は低くなります。


結局、部屋の良し悪しは実質的な構造で決まるので、呼び名で判断は出来ません。
物件を探す基準としては、呼び名よりも構造の違いに目を向けることが重要です。

-不動産の知識
-,

Fudousan Plugin Ver.1.9.8

Copyright© 【籠原の不動産屋さん 】紀ノ国商事株式会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.