不動産の知識

敷金ってなに?

投稿日:

部屋を借りるときに必ず出てくる「敷金」。
これはどんなものなんでしょうか?


大家さんに預けておくお金です。


物件を借りた人が出て行くまでの間、大家さんに預けておくお金です。
礼金と違い、預けてある訳ですから、あくまであなたのお金です。
一般的に敷金、保証金といいます。


なぜ預けなければならないの?


部屋の修繕や家賃滞納の場合のために預けます。
大家さんにしてみれば、もし退室時にお金が無いと言われると、家賃が滞納されていた場合や部屋の修繕が必要な場合、費用を払えません。
ですから前もって預かっておく訳です。


敷金無しの場合でも必要があれば退室時に請求される。


敷金さえ預けていればどれだけ家賃の滞納や部屋の破損をしても良いかと言うと、そんなことはありません。
預けているあなたのお金で費用をまかなう訳ですから、足りない分は請求されます。
そして入居時に敷金ゼロでも、退出時の費用は変わりません。
必要な分は請求されます。
先払いか、後払いかの違いです。


敷金の相場は?


関東では1~2ヶ月が相場です。
関西では3~6ヶ月らしいです。
でも最近では敷金ゼロはかなり増えました。
一般的に北に行けば安く、南に行けば高いようです。


敷金ゼロはお得?


敷金ゼロの場合、入居時に用意するお金が少なくてすむのがメリットです。
ですが退出時には必要な費用を請求されます。
最終的に支払う額は同じですから、金額上は損も得もありません。
とはいえ、入居時の初期費用が少ないのはやっぱり助かりますよね。

-不動産の知識
-,

Fudousan Plugin Ver.1.9.8

Copyright© 【籠原の不動産屋さん 】紀ノ国商事株式会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.