購入の流れ

準備をする



購入意思決定



一番大切なのは「購入する意思」です。住宅の購入は非常に大きな買い物です。購入する必要があるのか、それが今なのかを良く考えて決断してください。
また、土地を買うのか、土地と建物か、マンションなのか、何を購入する必要があるかを把握してください。


資金計画作成



購入可能な金額を把握しましょう。自己資金はいくらあるか、月々の支払いはいくらまで可能か、住宅ローンはいくら借りられるのかなどを考え、購入できる物件の価格を算定します。また、購入時に必要となる諸費用、物件の購入後に発生する税金などについても考慮することが重要です。


購入条件決定



資金計画が出来たら、価格や地域、広さなどの条件を決定します。条件が厳しすぎると、それに見合う物件を探すのは困難になります。「これだけは譲れない」条件をはっきりさせておきましょう。


情報を集める



情報収集



ホームページやチラシ、住宅誌、不動産会社等で物件情報を収集します。ここでだいたいの相場がわかります。


不動産会社を探す



情報が集まり、相場がわかったら、窓口になる信頼できる不動産会社を探しましょう。



物件を見る



現地を見る



気になる物件を不動産会社の担当者といっしょに現地見学に行きます。物件は資料だけではわかりません。必ず現地を見ましょう。


環境を見る



周囲の環境などもチェックしましょう。生活環境、交通事情、近所の雰囲気から嫌悪施設の有無まで、チェックする点は多くあります。


購入する



購入決定



物件を気に入り、購入を決意したら購入意思を売主に伝えます。通常、不動産会社を通じて「買付証明書」を書き、提出します。
そして契約の日取りを決めます。


売買契約



契約前に重要事項の説明を受けます。
説明を受けて、契約書の内容を確認したら契約を締結します。
その際、手付金を支払います。


ローン申し込み



金融機関に書類等を揃えて提出します。ローンが承認されれば、金融機関とローン契約をします。
もちろん、住宅ローンを使わない方は必要ありません。


引渡し・決済



住宅ローンを実行し、売主に売買代金の残金を支払います。
同時に所有権移転をして、物件の引渡しをします。

投稿日:

Fudousan Plugin Ver.1.9.8

Copyright© 紀ノ国商事株式会社【籠原の不動産屋さん 】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.